スタートアップを成功に導くものとは?

 

シカール・ゴッシュ氏によるハーバード・ビジネス・スクールの研究によると、ベンチャー企業のスタートアップの75%が失敗するという。別の研究によると、米国の全企業の5年後の失敗率は50%を超え、10年後には70%を超えているという。

これらの数字は、どのような業界であっても、厳しい競争の激しい世界であることを示しているに過ぎません。もしあなたの会社の成功の可能性を高めたいのであれば、スタートアップを成功に導くパターン、戦略、資質を見極める必要があります。

を見てみましょう。 失敗談 および企業の成功事例 それを作った人は興味深い共通点をたくさん見せてくれます。ここでは成功するための準備をする方法を説明します

スタートアップが失敗するか成功するかを決めるものとは?

スタートアップ企業を成功に導く要因には一貫したものがあり、それは調査によって裏付けられています。Ecommerce Genome のレポート「Startup Genome」では、650 社のインターネット新興企業を調査し、成功の指標をいくつか挙げています。

彼らは、情熱的で、意欲的で、献身的なファウンダーを持つスタートアップ企業の方が成功する可能性が高いことを発見しました。この場合、コミットメントとは、選択した道を歩み続け、それに固執しようとする意志を意味します。

その他の成功の鍵となる要素としては、以下のようなものがあります。

  • 忍耐と粘り強さ
  • 観察し、聞き、学ぶ意欲
  • 一般的・具体的なビジネス知識を持ったリーダーシップ
  • 技術知識とビジネス知識のバランス

これらの資質はすべて、成功したリーダーの習慣や態度を指しています。強い意志と情熱を持ったリーダーがいれば、スタートアップは成功する可能性が高くなります。

ビジョンのないリーダーシップ人々は滅びる

船長がどこに舵を取ればいいのかわからないと、乗組員全体が苦しむことになる。実際、スタートアップの失敗の最も一般的な理由のいくつかは、リーダーのビジョンの欠如に関係しています。

集中力の欠如、モチベーションの欠如、コミットメントの欠如、聞く気がない、学ぶ気がない、プライドが高すぎるなどは、企業を地に堕ちさせてしまう態度として見られています。リーダーの中には、素晴らしい資質を持っている人もいますが、特に財務、オペレーション、マーケティングに関しては、十分なビジネス知識を持っていません。

その他、スタートアップが失敗する要因(必ずしも創業者を指すわけではありません)としては、市場ニーズがない、競争が激しい、資金不足、価格設定の問題、製品の不備、マーケティングの不備、顧客の無視などがあります。スタートアップの中には、資金調達が早すぎるために失敗するケースもある。保守的に資金を調達して、ビジネスが成長するにつれて成長していく方が良い。

これらの属性は、よりビジネスに関連したものであったとしても、リーダーシップや強力なチームを構築するリーダーの能力に結びつくことがあります。

チームにはハード&ソフトスキルがある

スタートアップの構築は、最終的にはチームの努力によるものである。もしリーダーがビジョンを持っていても、目標を実行するための適切なチームがいなければ、会社は失敗に終わります。だからこそ、リーダーはメンバーそれぞれのハードスキルとソフトスキルを見極める必要があるのです。

ハードスキルとは、教えられる能力、または測定が容易なスキルセットのことです。これらは、技術的な しょくむのうりょく を身につけ、結果を出すことができます。ハードスキルは、教室やオンラインコース、研修、仕事で身につけることができます。ハードスキルの例としては、マーケティングスキル、ITスキル、ライティングスキル、クリエイティブスキルなどがあります。

一方、ソフトスキルとは、どんな仕事にも固有の能力ではありません。ソフトスキルとは、その人が持っている無形の資質のことで、より生産的で効果的な能力である場合もあります。ソフトスキルの例としては、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルなどがあります。

リーダーがチームのソフトスキルとハードスキルを活かすことができれば、チーム全体の生産性を高めることができます。チームの強みと限界を理解するために時間をかける必要があるのは、あなたの会社を目標に向かって押し進めてくれる人たちだからです。

Kulture-Yes We Know We Know It's with "C"

自分の行きたいところを知り、そこにたどり着くための方法を知ることが、優れたリーダーになります。チームの強みをどのように活用して最高の結果を出すかを理解していれば、正しい道を歩むことができます。しかし、健全な職場文化を醸成することは、チームを一つのまとまりのある労働力へと強固なものにすることにつながります。

"文化は朝食に戦略を食べる "と、経営管理の第一人者である故ピーター・ドラッカーは言った。

職場文化とは、組織の価値観を運用することです。価値観を実践することです。文化は、従業員の技術的なニーズや計画、従業員同士の関わり方など、従業員の意思決定の指針となります。

ケネクトされた例えば、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモには、イノベーションと楽しさを追求する文化があります。それは、問題に対する創造的な解決策を思いつくようにチームを鼓舞します。また、顧客のために価値を創造するための新しい方法を考え出すことをメンバーに奨励しています。

文化は、望むか望まないかに関わらず起こるものであることは事実ですが、企業の価値観を反映した文化を醸成することが重要です。それは企業のDNAであり、創業者の言葉ではなく行動に大きく影響されます。

適切な職場文化、ビジョン、チームワーク:これらはスタートアップを成功に導く要因です。これらの要素がなければ、企業は失敗し、ほとんどのスタートアップ企業を悩ませる恐ろしい統計の一部になる可能性があります。しかし、しっかりとした事業計画を立て、適切なチームを作り、効果的な文化を発展させれば、この競争の激しい市場で成功する可能性を大幅に高めることができます。

デモを予約する
ビジネスを成長させる