LinkedInエコノミストリモートワークは対面での仕事に取って代わることはないだろう

リンケドイン は、パンデミックが終われば、リモートワークが対面での仕事を中断させることはないと考えている。LinkedInのプリンシパルエコノミストであるガイ・ベルガー氏は、多くの人が「オフィスにいたい」と思っていることがわかったとYahoo Financeに語った。同時に、雇用主はその形式の方が管理しやすいと感じているため、従業員が一刻も早くオフィスにいることを望んでいるのだという。

コロナウイルスの大流行により、職場環境全般の今後について多くの疑問が投げかけられています。検疫措置により、多くの企業が在宅勤務への移行を余儀なくされています。研究者たちは、このような形態が持続可能かどうかを研究しています。

再開する都市が増えるにつれ、雇用主は労働者のオフィスへの復帰意欲を疑問視しています。"従業員も上司も、多くの人が通常の生活に戻りたいと思っているのは、現在の人々の評価以上のものです」とBerger氏は述べています。"暗い予測にもかかわらず、ワクチンが利用可能になれば、その欲求は上昇する可能性が高い。"

一方、スタンフォード大学の経済学者ニック・ブルームは、在宅勤務はパンデミックの一時的な副作用だけではないかもしれないと示唆している。多くのホワイトカラー労働者は、少なくとも今後1年ほどは在宅勤務を強く推奨されるだろう。

2015年にBloom誌が発表した調査によると、在宅勤務をしている中国のコールセンターの従業員は、対照群の従業員に比べて、休憩時間が少なく、1分あたりの通話回数が多いため、生産性が13%も高いことがわかりました。また、彼らはより幸せで、仕事を辞める可能性も低かったという。このことから、リモートワークにはメリットがあることがわかります。

企業によっては、まだ成果を出していることを条件に、多くの従業員が永続的に遠隔地に留まることを認める場合もあります。

しかし。 リモートワーク また、独自の課題も発生します。例えば、労働者が重要な電話やオンライン会議をしている間に、家族が立ち入ってくること。これはオフィスにいる人にとっては問題ではありません。

また、アメリカでは約6割の仕事が自宅ではできないという事実もあります。食料品店の店員、倉庫作業員、食肉加工業者など、リモートで働くことができない低所得者層の労働者は、すべて職場に戻らなければなりません。これは、在宅勤務が誰にでもできる選択肢ではないことを示しています。近い将来、在宅勤務を採用する企業も出てくるかもしれませんが、それ以外のすべての人にとってはそうではないでしょう。

在宅ワークには精神衛生上のメリットがあり、交通機関を避けたり、労働者の生産性を向上させたりといった実用的なメリットもありますが、対面での仕事がなくなるわけではありません。

すべてのことを考慮しても、パンデミックは対面での仕事にも影響を及ぼすでしょう。会議、対面での会議、握手さえも、感染のリスクに見合うものではないかもしれません。

Berger氏は、在宅勤務の増加にもかかわらず、"リモートワークが完全に対面での仕事を置き換えることはないだろう "と考えています。

また、ベルガー氏は、景気後退後の急激な回復を期待する市場の期待が高まっていることについても注意を促しました。"景気後退は終わったが、回復には非常に時間がかかるか、あるいは時間がかかる可能性があり、その前の雇用が残っている可能性がある。 プレコヴィッドレベル "長い間"

多くの家族が気付いているように、職場を自宅とすることで、労働と家庭生活が慌ただしく交錯することになりかねません。これは、ほとんどの企業で新たな対策が慎重に実施されるにもかかわらず、パンデミック後の職場のダイナミックさがほぼそのまま維持される理由の一つです。

 

デモを予約する
ビジネスを成長させる