LinkedInの招待状は有効期限がありますか?

 

招待状を送ることは、LinkedIn上で人脈を作るための主な方法です。誰かが他のLinkedInユーザーに招待状を送り、受信者がそれを受け入れると、その人は1次コネクションになります。招待状を受け取った人がまだLinkedInを利用していない場合は、LinkedInのメンバーになるように促されます。彼らがLinkedInに参加すると、招待状を受け入れることができるようになります。

新しい接続を行うたびにユーザーのネットワークが拡張されるため、営業チームや求職者、企業にとっての目標となります。

しかし、すべての招待がすぐに受け入れられるわけではありません。知らない人を追加することを躊躇している人もいるので、招待を受け入れてくれそうなメンバーにだけ接続リクエストを送るのが良い経験則です。相手がログインしていなくて見ていないからといって、招待状が受理されないこともあります。

多くのLinkedInユーザーは、招待状の有効期限を知りたいと思っています。ここでは詳しく見てみましょう。

招待状の有効期限

既存のLinkedInメンバーに招待状を送る は6ヶ月後に失効します。これは、LinkedInを利用していない人に送られた招待状にも適用されます。この期間を設定することで、LinkedInは、アクティブではないように見えるメールアドレスに対して、古い招待状をデータベースから削除することができるようになります。

LinkedInは、招待状の有効期限が切れる前に受信者に2つのリマインダーを送信し、まだ返信していないことを思い出させます。

リマインダーを送信する意図は、元のメッセージを見落とした場合に備えて、ユーザーに招待状の内容を知らせることにあります。メンバーが招待状をアーカイブしたり返信したりすると、リマインダーは自動的に停止します。

ただし、招待状の有効期限が切れた場合は、保留中の招待状として表示されなくなります。送信者は、元の招待状の有効期限が切れても、同じ相手に新しい招待状を送ることができます。また、元の招待状を取り消すことも可能です。

LinkedInの招待状を送る

コネクションへの招待状を送ることは、あなたの職業上のネットワークに参加してもらうための最良の方法です。彼らが受け入れれば、その人は1次コネクションになります。LinkedInは、自分が知っていて信頼できる人だけを招待することを推奨しています。これは、1次コネクションがあなたのプロフィールに表示されているすべての情報にアクセスできるからです。

つまり、LinkedInの招待状は、同僚やリクルーター、新しい仕事の機会につながるために効果的なのです。

会員のプロフィールページの接続ボタンをクリックすることで、会員のプロフィールから招待状を送信することができます。また、検索結果ページの会員情報の右側にある「接続」ボタンをクリックすることでも送信することができます。

マイネットワークのページでは、招待状を送信することもできます。保留中の招待状がある場合は、ページの上部に表示されます。

ネットワークの成長のページ は、ユーザーが自分のメールアドレス帳を検索して連絡先を見つけたり、メールアドレスを使って招待したりすることができます。

最後に、People You May Know機能を使用して、メンバーの名前の下にあるConnectボタンをクリックして招待状を送信することもできます。また、ユーザーはLinkedInのモバイルサイトやアプリを使って招待状を送ることもできます。

招待の撤回

元の招待状の有効期限が切れるのを待つ必要はありません。招待状について気が変わった場合、LinkedInではユーザーが招待状を取り下げることができます。マイネットワークページを使用して、送信されたすべての招待状を確認し、受信者からの応答を待っている招待状を取り下げることができます。招待状を取り下げることができるのは 受信者がリクエストに対して何のアクションも取っていない場合.

招待状を撤回した後、最大3週間は同じ人に招待状を再送することができないので注意しましょう。

デモを予約する
ビジネスを成長させる