LinkedInコネクションのポイントとは?


LinkedInは、人脈を作ることがすべてです:知り合いになる新しい人を見つけ、ネットワーク内の人々との関係を強化し、有意義な人脈を構築します。最終的には、これらの関係は、よりビジネス向けのものへと変化していきます。リードを顧客に変えたり、採用担当者が新しい従業員を見つけたり、企業がリーチを広げたりすることができます。

これは、このソーシャル・ネットワーキング・サイトの誰もが、人脈の重要性を理解しているため、このプラットフォームを利用していることを意味しています。多くの人脈を持つことは、事実上、自分の専門能力を裏付けるものです。人脈を作ることは、LinkedInの中核的な基礎の一つです。

ソーシャルメディアの一形態

LinkedInを際立たせているのは、LinkedInがソーシャルメディアの一形態であるという事実です。実際、そのソーシャルな側面は、ビジネスや専門家がトップに立つために必要なエッジを与えるものです。

キャリアの長い人でもコネが少ない人は、何かがおかしいと思っているかもしれません。 LinkedInユーザー プラットフォーム上でのコネクションを構築することがいかに重要であるかを知っています。しかし、多くの人は、可能な限り最善の方法で自分自身を表現していることを確認するために、どれだけ多くの接続が必要であるかを認識していません。

LinkedInの平均コネクション数については、様々な研究が行われています。その多くは、500人以上のコネクションを持っている人と持っていない人とで五分五分に分かれていることを示しています。ここで500は「魔法の数字」とされているが、これはLinkedIn自体がこれを超えてユーザーがどれだけのコネクションを持っているかを示していないからである。これは、LinkedInが人気投票になることを望んでいるのではなく、むしろプロとしての立ち位置を示す指標になることを望んでいるからです。

このことは、人脈は重要だが、数自体はそれほど重要ではないことを示している。ユーザーは、人脈を作ることだけを重視するのではなく、人との強いつながりを築くことを目指すべきです。結局のところ、人脈は量だけではなく質が重要なのです。

どちらにしても交流がなければ、2,000ものコネクションを持つ意味がありません。コネクションは、ユーザーがそれを作ることができてこそ価値がある。この価値は、コネクションと協力して関係を構築することでしか作ることができません。つまり、LinkedInのユーザーは、彼らを単なるリードや見込み客ではなく、潜在的なパートナーとして見るべきだということです。

人間関係の構築

強い人間関係を築くための鍵は、参加することです。例えば、LinkedInグループは、あなたが専門知識を持っている同じトピックに関わっている、同じような目標や興味を持っている人たちと出会うのに最適な方法です。

LinkedInは多くの素晴らしい機能を提供しています。 会話を円滑にしたり、同じ業界の人と連絡を取ったりするのに役立ちます。これらの選択肢は検討する価値があります

このプラットフォームを最大限に活用したいと考えている人にとって、LinkedInの自動化は検討すべきものです。これらのツールは、LinkedInのユーザーがビジネスのより重要な側面に集中できるように、平凡で反復的なタスクを自動化するのに役立ちます。

例えば KennectedはLinkedInの自動化ツール これは、ユーザーがメッセージやフォローアップを自動化してパーソナライズし、できるだけ多くの人にリーチできるようにするためのものです。これにより、ユーザーは実際に会話をしたり、新しい人脈との関係を構築したりすることに集中することができます。

デモを予約する
ビジネスを成長させる