LinkedInを使うのは安全ですか?


LinkedInは、企業や専門家のための最大のソーシャルネットワーキングサイトです。その主な目的は、ユーザーが同僚や雇用者とつながることです。フェイスブックやツイッターとは異なり、LinkedInは社交的な交流よりも専門家とのつながりに主眼を置いています。そのため、ユーザーが共有できるデータの種類に関しては、異なるルールが設けられています。

LinkedInの安全性は、多くの人がすぐに飛び込む前に検討したいことです。検討している人のために リンクトインプロフィールの作成そのためには、自分のアカウントに関連したセキュリティ上の懸念事項や、それを安全に保つための様々な方法を認識しておく必要があります。

LinkedInを使うのは安全ですか?

他の多くのソーシャルネットワーキングサイトと同じように、LinkedInはあなたが作ったものだけが安全です。デフォルトでは、LinkedInは他の人が非公開にしたいと思うような特定の詳細を共有します。同時に、あなたが公開したいと思うような他のことも非公開にしているかもしれません。そのため、LinkedInのプライバシーとセキュリティの設定を管理することが不可欠です。

プライバシー設定を編集したい場合は、画面右上のプロフィール画像の上にカーソルを置き、「プライバシーと設定」の横にある「管理」をクリックしてアクセスします。

LinkedInを使用する際には、プロフィールに投稿した情報はすべて公開情報とみなされることを念頭に置いてください。すべての投稿、履歴書のリスト、ステータスの更新は公開情報です。LinkedInのセキュリティ設定を管理することで、ユーザーは連絡先以外の情報をどれだけ公開するかをコントロールすることができます。

ユーザーのプライバシー設定がそれを許可している場合は、他の人が自分の機密情報を見ることができ、そのために LinkedInは注意して使うべき.

LinkedInのプライバシー設定を調整する以外にも、ユーザーは自分のデータを保護するために追加の安全対策を講じることができます。ウェブサイトの最大の脆弱性の1つは、実際には固有のものではなく、ユーザーが複数のサイトにまたがって同じパスワードを設定することです。多くのソーシャル・ネットワーキング・サイトがこれにさらされているのは、実際にはユーザーのせいだからです。これにより、個々のサイト全体の安全性が損なわれてしまうのです。クロスサイトパスワードは、リストの中で最も弱いサイトと同じくらいしか安全ではありません。

ありがたいことに、この問題はウェブサイトごとに異なるパスワードを設定することで簡単に回避することができます。LinkedInには他のサイトと同じパスワードを使わないようにしましょう。

実際、LinkedInは他のソーシャルメディアサイトに比べて、ユーザーが仕事上の知り合いとしかつながれないことが期待されているので、少し安全です。言い換えれば、LinkedInは、ユーザーが専門的な状況で知っている人だけとネットワークを組むことを奨励することで、ユーザーが接続できる相手の数を制限しているのです。

この点、LinkedInはデータをより安全なものにします。ユーザーは見ず知らずの人や無作為の知人と接続しているわけではありません。彼らは自分の情報を誰と共有しているのかを知ることで、少し安心感を持つことができます。

ソーシャルネットワーキングプラットフォーム

現在では専門業界最大のソーシャル・ネットワーキング・プラットフォームであるにもかかわらず、LinkedInは今日のように必ずしも安全ではありませんでした。2011年には、セキュリティの専門家が、クッキーをずさんに使用していることを理由に、ネットワーキングサイトに疑問を投げかけました。2012年には、LinkedInは大規模なセキュリティ侵害に見舞われ、その間に600万のパスワードが漏洩しました。同社はその後、セキュリティプロトコルを強化するための措置を講じています。

今のところ、LinkedInには目立ったセキュリティ上の問題はなく、他のソーシャル・ネットワーキング・サイトと同じように安全です。セキュリティ設定を管理し、公開したい情報だけを可視化することで、データを安全かつセキュアに保つのはユーザー次第です。

LinkedInには多くのメリットがあるので、専門家は サイトを最大限に活用する.安全面では、このソーシャル・ネットワーキング・プラットフォームの利点を享受することから彼らを落胆させるものは何もありません。

デモを予約する
ビジネスを成長させる