大学生は本当にLinkedInを利用しているのか?

 

LinkedInは最大のプラットフォーム オンラインの専門家のための実際、このソーシャル・ネットワーキング・サイトは現在、6億7500万人以上のユーザーを抱えています。マーケター、ビジネスマネージャー、そしてプロのネットワークを広げたいと思っている全ての人にとって価値のあるサイトです。

このプラットフォームのオーディエンスは、Facebook、Twitter、Instagramなどの他のソーシャルメディアプラットフォームよりも古いことはすぐにわかります。しかし、これは時間の経過とともに徐々に変化しているものです。

より多くの大学生がLinkedInに参加しています。専門職の世界がますます競争の激しいものになるにつれ、大学生が同業他社よりも一歩リードすることが必要になってきています。

ここでは、かつて大学生がLinkedInに参加することを躊躇していた理由と、それが今ではなくなった理由についてお話しします。

大学生とLinkedIn

LinkedInの専門的な焦点を考えると、大学生にすぐにアピールできないのは理にかなっています:彼らはまだ教育に集中しているからです。

もう一つの要因は、他のソーシャル・ネットワーキング・プラットフォームでの仲間の存在でした。Facebookの初期のユーザーのほとんどは高校生と大学生でした。大学生がそれらのプラットフォームに参加する傾向があるのは、自分の友人がみんな使っていることを知っているからだ。まだ大学にいる若いミレニアル世代の多くは、あなたが知っている誰もがプラットフォーム上にいた場合に起こるであろうインスタントフォロワー数の種類に使用されています。

最近では、できるだけ早くプロフェッショナルなプロフィールを設定することの重要性が高まっているため、より多くの大学生がLinkedInを真剣に受け止め、それに群がるようになってきています。最近では、より多くの学生がLinkedInに参加しています。これもLinkedInのインフルエンサーの台頭によるものかもしれません。

インフルエンサーたちは、LinkedInの可能性をアピールするために素晴らしい仕事をしてくれました。また、大学生が自信を持って貢献できる会話を紹介した。大学生をプラットフォームに迎え入れることで、インフルエンサーたちはLinkedInとエンゲージメントすることのメリットに目を開かせた。

現代の大学はLinkedInの登録を義務化しているだけ

大学はその重要性を認識しています。 リンクトインエフまたはプロのネットワークを構築することです。多くの教育機関は、大学生にプロフィールを設定するだけでなく、プラットフォームを積極的に使用することに取り組むよう奨励しています。現代の大学は、卒業生がプロの世界で苦労しないようにしたいと考えています。

大学生は現在、LinkedInを利用して早期に専門家としてのオンラインプレゼンスを確立しています。これは、在学中にキャリア、インターンシップ、ボランティアの機会を確保するために重要です。キャリア開発を目的とした人気のあるソーシャルネットワークであるLinkedInは、学生が大学を卒業してすぐに仕事を見つけるのに役立ちます。

LinkedInでは、求人メールアラートを利用して求人情報を見つけることができます。LinkedInでプロフェッショナルプロフィールを作成したら、メールアラートを設定して、おすすめの求人情報の通知を受け取ることができます。これにより、大学生は実際の就職活動がどのように行われているのかを垣間見ることができます。

大学生は、多くの専門家がこのプラットフォームを介してつながることを選択していることを知って驚くことが多い。実際、彼らはLinkedInを使って、友人、クラスメート、同僚、家族とつながることができます。

彼らはまた、企業研究を行うためにそれを使用することができます。大学生はLinkedInを使って、ターゲットとなる雇用主を訪問することができます。企業のページを訪問し、その所在、連絡先、その他の基本的な詳細についての調査を行うことは非常に簡単です。LinkedInは、学生が将来の計画を立てるのに役立ちます。

最も重要なことは、LinkedInは大学生が自分の名前を公表することを可能にします。今日、多くの組織がソーシャル・ネットワーキング・プラットフォーム上で優秀な候補者を探しており、LinkedInはその目的に最適なソーシャル・ネットワーキング・サイトです。

ますます多くの大学生がLinkedInを利用して、プロとしての第一歩を踏み出しています。プラットフォームが成長するにつれて、将来の専門家が利用できるようになるコネクションや機会の数も増えています。

デモを予約する
ビジネスを成長させる

登録する
排他的な
内容