LinkedInによる15の注目すべき事業買収

ナビゲーション。 エムスポーク, 選択ベンダ, カードマンチ, 接続された, インデックスタンク, ラポーティヴ, スライドシェア, 脈拍, ブライトドットコム, ニューズレター, びそう, キャリアアップ, Refresh.io, リンダドットコム, フリップトップム

長い間、LinkedInはオンラインでプロの人脈を作るための最も信頼性の高い方法になることを目指していました。これは、途中で買収したいくつかの企業の助けがなければ実現しなかったでしょう。

長年にわたり、LinkedInは自社の成長やサービス向上に役立つ可能性のある企業を買収することで、自社を拡大してきました。ここでは、LinkedInが行った最も注目すべき事業買収について説明します。

エムスポーク

LinkedInの最初の買収は2010年のことで、レコメンデーション技術を使ってコンテンツをより関連性の高いものにすることを目的としたmSpokeという小さなスタートアップを買収した。正確な条件は明らかにされていないが、同社は$0.6百万で買収されたと報じられている。同社は、高度な機械学習技術と消費者のフィードバックを組み合わせた「適応型パーソナライゼーションエンジン」を構築している。LinkedInはmSpokeを利用してレコメンデーションを微調整し、LinkedInユーザーに関連性のあるコンテンツを提供できるようにしていた。

選択ベンダ

また、LinkedInは2010年にサンフランシスコに拠点を置く新興企業ChoiceVendorを$390万で買収した。このスタートアップは、全国の70以上のカテゴリーでB2Bサービスプロバイダーの評価やレビューを提供しています。

今回の買収について、LinkedInのCEOであるJeff Weiner氏は次のように述べています。"ChoiceVendorの買収は、LinkedInでワールドクラスのチームを構築するという私たちの最優先事項と一致しています。私たちは、Yan-David、Rama、そして才能あるChoiceVendorチームがこれまでに行ってきた仕事を尊敬しており、特に彼らの関連性の高い職務経験を考慮して、彼らが私たちの仲間になってくれることに興奮しています。"

Yan-David ErlichはChoiceVendorの共同設立者兼最高経営責任者であり、Rama Ranganathはエンジニアリング担当副社長です。ランガナートはChoiceVendorを共同設立する前、GoogleのAdSenseチームで初期のエンジニアを務めていましたが、アーリックは起業家でした。

カードマンチ

CardMunchは2011年にLinkedInに$1.7百万で買収されました。CardMunchは、名刺をデジタルアドレス帳の連絡先に変換するための無料のiPhoneアプリだった。名刺は散らかっていることもあるが、CardMunchはLinkedInのユーザーが整理された状態を維持するのに役立った。残念ながら、このアプリは買収後一度しか更新されなかったため、LinkedInはEvernoteと呼ばれる新しいアプリに移行しなければならなかった。CardMunchはその後、閉鎖されてしまった。

接続された

Connectedは2011年にLinkedInに買収された連絡先管理スタートアップだが、買収の詳細は明らかにされていない。Connectedは、Gmail、Google Contacts、Facebook、Twitter、LinkedInから連絡先をオンラインで管理する方法を提供するCRMツールまたは顧客関係管理ツールである。

インデックスタンク

IndexTankは、LinkedInが買収騒動を起こしていた2011年に、非公開の金額で買収されました。IndexTankはリアルタイムでホストされた検索エンジンサービスで、開発者はリサーチベースのアプリケーションを迅速に構築することができます。メリットの1つは、開発者が独自の検索ソフトウェアをホスティングすることを心配する必要がなくなったことだ。

 

ラポーティヴ

Rapportiveは、対応している相手のソーシャルネットワークの最新の更新情報を表示するGmailプラグインです。LinkedInは2012年にRapportiveを$1200万で買収した。LinkedInは買収後もRapportiveのサポートを継続し、Rapportiveがユーザーのためにより多くの製品を構築できるように支援していくと述べている。

 

スライドシェア

SlideShareは、インフォグラフィックス、ドキュメント、ビデオなどの専門的なコンテンツのためのホスティングサービスであり、ユーザーは多くの異なる形式で公開または非公開のいずれかのファイルをアップロードすることができます。Slideshareは、$119百万のために2012年にLinkedInによって買収されました。

SlideShareのコンテンツは、サイト自体でも、携帯端末でも、あるいは他のサイトにも埋め込むことができます。これは、YouTubeに似たようなものと表現されていますが、スライドショーのためのものです。SlideShareには約3800万人の登録ユーザーがおり、毎月推定8000万人のユニークビジターが訪れています。

脈拍

Pulseは2013年に$9000万でLinkedInに買収されました。このウェブおよびモバイル向けの人気ニュースリーダーが買収されたのは、LinkedInが「すべての専門家がコンテンツを消費しに来て、パブリッシャーがコンテンツを共有しに来る場所である、決定的なプロフェッショナル・パブリッシング・プラットフォーム」になることを望んでいたからです。

Pulseは、2010年にスタンフォード大学の学生だったAkshay KothariとAnkit Guptaによって設立されたiPadアプリとしてスタートしました。

ブライトドットコム

Bright.comは2014年に$1億2000万でLinkedInに買収された。LinkedInと同様のジョブマッチングサービスであるBright.comは、専門家のためのジョブマッチングを後押しするために吸収された。ブライトのチームの何人かのメンバーは、買収の一環としてLinkedInに入社した。

ニューズレター

LinkedInは、ユーザーが最も重要な連絡先に関する関連情報を見つけるのを支援するために設立された機械学習のスタートアップであるNewsleを2014年に買収した。Newsleは2011年に設立され、ウェブをスキャンしてブログ記事や記事など特定の人物について言及しているものを見つけ、結果を返すように設計されていた。買収の詳細は明らかにされていなかった。しかし、今回の買収の一環として、創業者のジョナ・ヴァロン(Jonah Varon)氏とアクセル・ハンセン(Axel Hansen)氏とともに、4人の従業員を含むNewsleのエンジニアチーム全体がLinkedInに採用された。

デモを予約する
ビジネスを成長させる